2018年12月10日

Chateau de la Tour

ヴォーヌ・ロマネ村から、グランクリュ街道を歩いて、ヴジョ村へ。
グランクリュのクロ(・ド)・ヴジョが広がります。

19A75629-F467-42D9-90F3-BE639E0AD17F.jpeg

D103EE17-74C1-4A6A-8C06-3319A2A137BE.jpeg

FD684561-A0EC-4133-A657-97F9FE693C1C.jpeg


収穫を待つブドウちゃん達。

3A13EFBC-1C4E-48D4-B91E-AC5A4355F13A.jpeg

08DE9AC3-774F-479C-8F76-984ABA956C68.jpeg


ルイ・ジャドに、ジャン・グリヴォ。

245264C1-906F-4A50-AB42-370A5AAE0CC3.jpeg

FCA52BC5-7E0E-4AA8-9B3D-CA14539024B7.jpeg

801409EE-2A51-4047-8E29-CD61FDBCD9D4.jpeg

4A63E02A-486D-45E1-BFB0-C1E8A452CE9E.jpeg


目指していた”Chateau de la Tour(シャトー・ド・ラ・トゥール)”が見えてきました!

250FB70C-B904-4080-ABB4-3B316486E40D.jpeg


門の左側は、”ジャック・プリウール”、右側はジャン・ラフェ、門は共通で真ん中の道で畑が分かれているのかな?

B40516CA-058E-4E9F-8A19-A0CF3E3257D4.jpeg

298B1811-5947-40A9-A0A5-36D05DF25625.jpeg

EFF28B22-A7F5-44B5-A1DC-E79E8A18541B.jpeg


そして、"シャトー・ド・ラ・トゥール"に到着!
"シャトー・ド・ラ・トゥール"は、クロ・ヴジョ最大の所有者。

D82AFFC2-022D-41C7-B7F3-E52CD9CC202E.jpeg

F0F8FA42-914E-4956-99FF-8E045A12C162.jpeg


ピエール・ラぺの白・赤、そして、クロ・ヴジョの3本のワインをテイスティングさせて頂きました。

86645467-B5FC-4F2C-8A18-09BBB128CC52.jpeg

9F6E3211-81DC-487C-A224-C6E7CCD3D308.jpeg


「私が知っているのとエチケットの文字の色が違うんだけど・・」と、クロ・ヴジョのエチケットについて聞くと「あなたが普段目にするのはこれでしょ?」と赤字で書かれたエチケットのボトルを持ってきてくれました。

0CE71CB4-A730-4D04-95D4-4269E1789346.jpeg


違いを聞いてみると、試飲させてもらったゴールドの文字のエチケットのものは、100年を超えるVieilles Vignesとのことでした。
確かに、エチケットにもそう書いてありました。100年以上かー、すごいなー。

購入はかなり迷ったのですが、断念。
飛び込みにも関わらず、とても丁寧に説明してくださった、親切なお姉さんでした!
ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ワイン教室のHPはこちら
 http://www.savouronslevin.com/news/

★インスタグラムはこちら。いいね、フォロー、宜しくお願いします。
 https://www.instagram.com/savourons_le_vin/




posted by EMINCO at 10:18| Comment(0) | 2018 France & Espagne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする