2014年06月17日

ある日のレッスン 〜季節に合ったワインを楽しもう! お花見で飲みたいロゼワイン編〜

ちょっと季節ハズレなレッスンのご紹介となりますが、お許し下さい・・。
レッスンが行われたのは3月中旬。まだ桜も蕾だった頃で「お花見のお供になるようなお気に入りを見つけて下さい」なんて言っていたのですが・・。

この日、テイスティングして頂いたのは5種類。

th_DSC06905.jpg


でも、一纏めにロゼワインと言っても、様々な色合いがあるのがこうして比較すると分かります。

th_DSC06914.jpg


この日、一番人気だったのは、オーストラリアのスパークリングワイン。

★NV Dominique Portet “Sparkling Rose Brut RD”
 (ドミニク・ポルテ “スパークリング・ロゼ・ブリュット ライト・ドサージュ”)

th_DSC06909.jpg


名前から気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、オーナーの醸造家はボルドー出身のフランス人。
シャンパーニュと同じ瓶内2次発酵で、品種もシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエが使われています。また、”ライトドサージュ”の名の通り、ドサージュは控えめでスッキリドライな仕上がりで、色々なお料理に合わせやすく、食前酒としてだけでなく、食中酒としても楽しめるパーティーなどでも大活躍しそうな1本です。

スティルワインは、好みが分かれたようですが、ちょっと珍しいということで、こちらのワインに分があったかな・・。

★2011 Mazzei “Belgvardo” (マッツェイ “ベルグァルド・ロゼ”)

th_DSC06911.jpg


サンジョベーゼとシラーを半分ずつブレンドして造られたイタリアのロゼワイン。品種だけ聞くと、ちょっと重たそうなイメージですが、軽やかなミディアムボディに仕上っています。
上記のグラスの写真では右から2番目で、色合いもどちらかという白ワインに近い淡い色調で、みなさん品種をお話すると「えー信じられない!」と仰ってました。
カプレーゼやピザなど、カジュアルな食事と合わせ、冷やしてゴクゴク飲みたい、そんなワインです。

みなさん、「ロゼばかりをこんなに一度に飲むのは初めて!」と仰っていましたが、実はロゼってお料理とも合わせやすく、使い勝手の良いワインなのです。
ヨーロッパでは年々、ロゼの消費量が増えているのですが、日本ではロゼのシャンパーニュは人気ですが、それ以外はイマイチパッとしませんね・・。
なので、レッスンで紹介することで、みなさんが「買ってみようかな」と思うきっかけを作れたら嬉しいなと思います。

また、ただいま、体験レッスンも承っております。
ご希望の方は、当ブログのコメント、メッセージ、もしくは以下のアドレスまでご連絡下さい。
 savouronslevin@gmail.com
posted by EMINCO at 10:56| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。