2018年06月28日

L'orgueil (オルグイユ) @外苑前

先日、ずっと行ってみたいと思っていた外苑前にある”L'orgueil(オルグイユ)"へ。

D29B5C2B-9EC5-412D-936A-2885B8693EE4.jpeg


店内は思っていたよりこじんまりしている印象。
なぜ、このお店に来たかったかというと、こちらのレストラン、ワインがシャンパーニュ地方のものしか扱っていないのです。
発泡性はもちろんのこと、日本ではあまり目にすることのないスティルワインのロゼ・デ・リセやコトー・シャンプノワ、食後酒にはラタフィア・ド・シャンパーニュが、お料理に合わせたペアリングで楽しめるということで、とても楽しみにしておりました。


ということで、シャンパーニュを中心にご紹介します。
最初は、モレルの”レゼルヴ・ブリュット”。

D23100C1-05EF-4155-9C7E-ABBE92BDF2D8.jpeg


ロゼ・デ・リセイで知られる、コート・デ・バールのリセ村を拠点にしているレコルタン・マニピュラン。
ピノ・ノワールらしい黒い果実の凝縮感が感じられますが、酸味は控えめで、泡はきめ細かく喉越し良し。
スターターにピッタリです。


最初のアミューズ。これが美味しくて「あ、絶対このお店当たり!」と最初の一皿で思いました。

B8783968-D1A4-4C94-BD44-E295653AEDAE.jpeg


2杯目は、ラブリュイエールの”プロローグ”。

1A3BFF9B-4966-4ECB-9B0D-1ACCCE3CD23C.jpeg


こちらもピノ・ノワール主体で、シャルドネのアッサンブラージュ。
モンターニュ・ド・ランス地区のグランクリュのみで造られています。こちらの方が最初のモレルより力強さを感じます。

うーん、この2皿目も美味しかった!

D8EE79EE-664E-4499-B7CC-B4DC6A3917AE.jpeg


3杯目のシャンパーニュは、ロゼ。
先月、ソムリエ協会のセミナーに参加して、初めて飲んだドゥヴォー。

9EEDBEC1-FE8B-437A-B7A4-9D5E14F491CA.jpeg


光沢のある淡い綺麗なサーモンピンクの外観で、小さな赤い果実の香りが感じられます。
セミナーで、ノンヴィンテージでも最低5年の熟成をさせるとのでした。
宜しければ、セミナーでのテイスティングはインスタを見てくださいね。

このお皿もロゼとの相性バッチリ。とても良くマリアージュが考えられています。

69C286DA-23C3-4F43-9054-71AB2C0EA8C4.jpeg


続いてのシャンパーニュは、ル・メニル・シュル・オジェのミシェル・ロクールの2007年ミレジメのブラン・ド・ブラン。

DF697ADB-A7AB-47CB-88AC-826857E710F1.jpeg


見た目も素敵なエッチングボトル。
10年以上の熟成を経て、まろやかさが出てきており、ちょっとモカののようなニュアンスもあり。

稚鮎のほろ苦さにもとても良く合っていました。

74900D58-7B27-4D94-8034-BE38D14D7AD8.jpeg


続いてのシャンパーニュは、ジャン・ミシェルの2006年ミレジメの”キュヴェ・スペシアル”。


5DA1CDA2-BD82-4AB2-80C8-059D6D3FE759.jpeg


初めて飲む造り手。
それなのに、なぜかこの造り手だけ、あまり印象に残っていません・・。どうしてだろう???

こちらには最初のお魚を。上品なおソースが美味でございました。

990B49D5-AFD8-470E-B913-75E2B96EA6CF.jpeg


そして、メインに合わせて、非発泡性ワイン、コトー・シャンプノワ登場!

DF0507CD-8533-4CF4-83D5-85A38F0F24FB.jpeg



オリヴィエ・オリヴォのコトー・シャンプノワ・ルージュ。
とても綺麗に出来ています。ブルゴーニュのコート・ド・ニュイですよ、と言われても納得してしまいそうな感じ。

メインは、夫はお肉、私はお魚で。

E28EAECD-AD70-4316-ACB6-BA43B8C1140B.jpeg

21B426A4-7E0B-4E68-882D-7A6B8C606F9B.jpeg


デセールの前の食後種は、好きなものを選べます。

3E99A6EA-AA7F-4D73-9193-963467B72883.jpeg


エグリ・ウーリエが美味しいのは知っているので、飲んだことがないものを二人でチョイス。

FD55D3C3-8031-41F4-9093-FDD8492F34CA.jpeg


バロン・ドーヴェルニュとギィ・シャルルマーニュを選んでみましたが、圧倒的にギィ・シャルルマーニュが好みでした。
色も全然違いますねー。これ買いたいなー。

デセールは3品。

2BED7E5B-6D80-4F7D-9ED2-1C7A3CF074DA.jpeg

E41BA4ED-12EA-44A5-B5B0-BDD4C1C58572.jpeg

6B7AED10-2398-4615-87F7-CDF1EAC2C673.jpeg


実は、我が家、5月に入籍記念日、6月に結婚記念日としてお祝いしているのですが、この日はそのお祝いでの訪問でした。
この繊細なお仕事、すごいですよねー。

45508B1B-3A51-4FFE-96FC-9283DCC7996B.jpeg


シャンパーニュだけのペアリングは初めてでしたが、全てが納得。
お料理もとても美味しくて、かなり気に入っちゃいました。
また、今、開催中のシャンパーニュクラスの良い勉強にもなりました。
気軽に来れるお値段ではないので、しょっちゅうは難しいと思いますが、また是非伺いたいと思います!

明日は年に一度の人間ドック・・。今日は禁酒だー(当たり前)!

………………………………・・・・・・・・・・・・
★ワイン教室からのお知らせ★

・7月のご参加可能なレッスン

7月22日(日) 15:00- 
       シャンパーニュクラス 奥深きブラン・ド・ノワール
       黒ブドウ(ピノ・ノワール、ムニエ)のみで造ったシャンパーニュを
       4-5種類テイスティングします。

7月28日(土) 15:00-
       ニューワールドクラス ニュージーランド
       7月1日解禁のニュージーランドヌーヴォー始め、
       爽やかなタイプのNZワインを6-7種類テイスティングします。

レッスンでは国際基準のテイスティンググラス、リーデルやツヴィーゼルなどの品種に合ったグラスに替えるなどして、ワインを楽しんで頂きます。
また、いずれのクラスも、ご希望の場合、残ったワインはお持ち帰り頂くことがございます。
単発参加、初心者の方も大歓迎です!体験レッスンとしてのご参加も可能です。
ご参加お待ちしております。

http://www.savouronslevin.com/news/

インスタグラムはこちら!

https://www.instagram.com/savourons_le_vin/





posted by EMINCO at 10:08| Comment(0) | お外ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。