2018年07月25日

ある日のレッスン 〜シャンパーニュクラス ドサージュの違いを楽しむ〜

シャンパーニュクラスの第二回は、Brut(ブリュット)とBrut Zero(ブリュット・ゼロ)の比較。

シャンパーニュの製造工程で、味わいの最後の決め手はDosage(ドサージュ)です。
瓶内2次発酵により発生した澱を瓶口に集め、ワインと共に取り出し、目減りしたワインを補う時にワインに糖分を混ぜて、味わいを調整する事により、その味わいは大きく変わってきます。

近年は様々なアルコール飲料が辛口志向にあり、シャンパーニュも例外ではありません。
エクストラ・ブリュットやドサージュ・ゼロなどの極辛口を好まれる方が増えていますが、生徒さん達の好みはいかがでしょうか?

同じメゾンのブリュットとドサージュ・ゼロを比較することで、味わいの違いを確認してもらい、最後の1本はドサージュ有り無しやセパージュを考えて頂きました。
テイスティングは全部で5種類。

IMG_0020-1.jpg


比較は、フィリポナとタルランで。
フィリポナはブリュットとしては一般的な8-9gのドサージュで、同じ畑のブドウを使い、最後にドサージュをしたかしていないかの違い。
でも、味わいや香りにはっきり違いが出ており、分かりやすかった模様。
「こんなに違いが出ているとは思わなかった!」とみなさん、口にしておりました。
タルランはブリュット表記ですが、ドサージュ量は5,8gで、実質エクストラブリュットなので、かなり辛口の為、こちらの方がちょっと皆さん、悩んだみたいです。

でも、一番人気だったのは、実はこちら!

★NV Janisson et Fils “Brut Tradition”  
 (ジャニソン・エ・フィス “ブリュット・トラディション”)

IMG_0028.JPG


ちょっとポッテリしたボトルも印象的。
ルフトハンザ航空やJALのファーストクラスラウンジでも使用実績のある、ヴェルズネを本拠地とするメゾン。
スタンダードキュヴェながら、グランクリュのブドウの使用比率が高い贅沢な造りです。
ピノ・ノワール主体らしく、柔らかでふくよかな果実味がしっかりと感じられ、余韻も長めです。

この日は、全体的にブリュット、つまりドサージュしたものの方が全体的に人気でした。
ドサージュゼロはこれはこれで美味しいけれど、やはりドサージュをしている方が口当たりが優しく、ずっと飲み続けられる、そんな印象を持った方が多かったようです。
いずれにしても、この暑さだと、シャンパーニュはたまらなく美味しい!というのが全員の共通意見でした(笑)。

世の中的には、ドサージュ・ゼロやエクストラ・ブリュットなど辛口が流行っているとはいえ、シャンパーニュの主体はやはりドサージュしたもの。
そこで自分の好みを知っていると、シャンパーニュを選ぶ際にも、選択の仕方が変わってくるのではないでしょうか?

次回は、ブラン・ド・ノワール。黒ブドウのみで造ったシャンパーニュです。
さー、これから、週末のニュージーランドのクラスの資料、最終チェックだー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★ワイン教室からのお知らせ★

・今後、ご参加可能なレッスン

7月28日(土) 15:00-
       ニューワールドクラス ニュージーランド
       7月1日解禁のニュージーランドヌーヴォー始め、
       爽やかなタイプのNZワインを6-7種類テイスティングします。

8月19日(日) 15:00- 
       シャンパーニュクラス 奥深きブラン・ド・ノワール
       黒ブドウ(ピノ・ノワール、ムニエ)のみで造ったシャンパーニュを
       4-5種類テイスティングします。

レッスンでは国際基準のテイスティンググラス、リーデルやツヴィーゼルなどの品種に合ったグラスに替えるなどして、ワインを楽しんで頂きます。
また、いずれのクラスも、ご希望の場合、残ったワインはお持ち帰り頂くことが出来ます。
単発参加、初心者の方も大歓迎です!体験レッスンとしてのご参加も可能です。
お問合せ、ご参加お待ちしております。

http://www.savouronslevin.com/news/
posted by EMINCO at 09:51| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。