2014年04月11日

Parisの街

ミュニックからのショートトリップから戻り、残すところパリもあと1泊・・。

戻った日の夜は、私達夫婦が日本に入って来て欲しいチェーン店No.1のムール貝専門店のレオンへ。絶対、外さないし、美味しいのですよ〜。初めて行ったのはベルギーに行った時でしたが、フランスに来ても特にお店を決めてない時はよく利用します。

th_DSC06520.jpg


ベルギービールが大好きなのも理由の一つ。

th_DSC06504.jpg

th_DSC06503.jpg


写真だとほとんど違いが分かりませんが、クリーム煮と白ワイン煮です。大好きなフリットも一緒にね!

th_DSC06511.jpg

th_DSC06514.jpg

th_DSC06510.jpg


「今日、ワイン飲んでない!」ということで、ホテルのお部屋でシャンパーニュを(笑)。

th_DSC06525.jpg


最終日の1泊だけデザイナーズホテルに宿泊。廊下にいきなり現れるダイヤモンド(?)。ロビーも洗練されていて素敵。ドアマンのおじちゃまがチャーミングでした。

th_DSC06604.jpg

th_DSC06607.jpg

th_DSC06522.jpg

th_DSC06521.jpg

th_DSC06528.jpg


翌朝は、お約束のラデュレで朝食。この日はほとんど並ばずすんなり入れました。

th_DSC06558.jpg

th_DSC06531.jpg

th_DSC06534.jpg

th_DSC06535.jpg

th_DSC06539.jpg


食後は1Fのショップでマカロンを購入。日本でも買えるけど、やっぱり本場の方が美味しい気がします(特にラデュレとアオキ。ピエール・エルメはそんなに差がない気が・・)。

th_DSC06554.jpg


ラデュレラベルのシャンパーニュもあります。これがいわゆるM.A(マルク・ダシュトゥール)ですね。

th_DSC06547.jpg

th_DSC06548.jpg


今回行きたかったシフォンケーキの専門店、”Patisserie Ciel (パティスリー・シエル)”。日曜日も開いていたので、行く事が出来ました。この帰り道、ワインショップの”ラ・メゾン・デ・ミレジム”を見つけたのです。

th_DSC06599.jpg

th_DSC06597.jpg

th_DSC06596.jpg


こんな可愛らしいボックスに一つずつ入れてくれるので、無事に日本まで持って帰る事が出来ましたよ!フワフワで美味しかった!

th_DSC06600.jpg


シャンゼリゼを歩いていると、ストリートダンサーがいるので、ちょっと足を止めてみたり。

th_DSC06572.jpg

th_DSC06574.jpg

th_DSC06576.jpg


女の子が声を掛けられ、飛び入り参加。可愛い〜!名前と年齢を聞かれ、5歳って言ってたかな?

th_DSC06569.jpg


あれ?あれれ??

th_DSC06578.jpg


ハイタッチを求められて、高々と手を挙げたうちの旦那さん。するとその手を握られ、そのまま拉致られ、ダンスに参加することになったのでした(笑)。

最後はみなさんにペコリ(笑)。本人、かなり楽しんでおりました。

th_DSC06587.jpg


こんな感じで今回のフランス旅行は終了!またまた楽しい旅でした。
気が早いですが、今年は夏休み、どこか旅行に行けるのかな?行きたいなー!っていうか、ちゃんと旦那さん、夏休み取るのかしら・・?とブログを書いていたら思ってしまったワタシでした。

ラベル:paris
posted by EMINCO at 10:33| Comment(0) | 2014 France | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

Munichへことりっぷ♪

日本へ帰国する前に、1泊だけ、パリからミュニックへショートトリップ。
その目的は、2011年にドイツに行った際、お世話になったシュミットさんにお会いする為。

パリからはルフトハンザで。前日、コベアで頂いたお土産と機内で出たサンドウイッチが朝ご飯。私は久し振りにSUDOKUが出来て、1人満足しておりました(笑)。

th_DSC06396.jpg

th_DSC06397.jpg


実は出発が1時間近く遅れてしまい、その為到着も遅くなったので、焦っていた私達。というのも、仕事中にも関わらず空港までシュミットさんが迎えに来て下さっていたのです。
「全然大丈夫だよ〜」と市内まで送って下さり、ディナーの予約をしているレストランの場所を教えてくれて仕事に戻って行ったシュミットさん。恐縮です・・。

そして、待ち合わせの時間まで、ミュニック市内をブラリ。

th_DSC06400.jpg

th_DSC06419.jpg

th_DSC06418.jpg

th_DSC06414.jpg


喉渇いたし、小腹も空いたねということでビアホールへ。

th_DSC06403.jpg

th_DSC06406.jpg

th_DSC06404.jpg


でも、夜に備えて軽めにしようということで、旦那さんはソーセージ。私はそれについていたポテトのみ。だけど、プレッツレルは外せません。この塩気がビールに合うんですよねー。

th_DSC06408.jpg

th_DSC06409.jpg

th_DSC06410.jpg


デパートに入って、ワイン売り場をチェックしたり・・。以前はボックスボイテルだけのコーナーがあったのに、今回は無くなっていました。

th_DSC06421.jpg

th_DSC06424.jpg

th_DSC06425.jpg


「寒いから」という理由で入ったZARAで、見てたら結構可愛くて、春から着れそうな子供服を何枚か購入。あとからシュミットさんに「日本にもあるのになぜ?」と聞かれましたが、私的には152cmサイズがいっぱいあったので選び甲斐があったこと、元々安いのに更にデタックス出来るということで、かなりグッドショッピングだったのーと言うと納得してくれました。ちなみに、きちんとした金額は覚えていませんが、ドイツでは100ユ−ロ位からデタックス可能なのも嬉しいところ(フランスは175ユーロ以上)。

夜はシュミットさんが予約してくれたオーストリアン&イタリアンへ。ここなら、私も食べるものが沢山あるからとお気遣い頂きました。

th_DSC06442.jpg

th_DSC06440.jpg


1品1品が結構なボリュームだったのですが、美味しかったので、ペロリと食べていたら「エミはフードファイターだ。リスペクトする」と言われ、旦那さんは大笑い。

th_DSC06429.jpg

th_DSC06430.jpg

th_DSC06431.jpg


このお魚、写真だと大きさが伝わらないと思いますが、30cm弱あり、更にいうと一人分、私の分です・・。付け合わせのポテトも大きいのですよ。

th_DSC06434.jpg

th_DSC06435.jpg

th_DSC06438.jpg


ワインはシュミットさんと相談し、オーストリアのグリューナー・フェルトリーナーを。爽やかで美味しいです!

th_DSC06432.jpg


男性陣はお肉を食べていました。

th_DSC06437.jpg

th_DSC06439.jpg


そして、この日、実は図々しくもシュミットさん宅へ泊めて頂きました。奥様も出張でいらっしゃらないとのことで、ベッドメーキングなどもシュミットさんがして下さったとか・・。素敵なリビングでビールを飲み直しますが、私はさすがに2週間近くの旅の疲れが出て来たのと、久し振りの英会話で頭を使ったせいか、早々と眠りについちゃいました・・。ミニチュアの東京タワーはリビングに飾ってあり、カラフルに色が変わります。

th_DSC06447.jpg

th_DSC06444.jpg


ワインセラーならぬ、ビール専用の冷蔵庫だそうです(笑)。

th_DSC06443.jpg


翌朝は朝ご飯まで用意していただき、恐縮極まりない感じ。そして、フライトも午後で時間があるから少しハイキングへ行こうと郊外へドライブ。湖の周りは、雪で一面の銀世界。空気も澄んでいて気持ちよかったです。

th_DSC06452.jpg

th_DSC06458.jpg

th_DSC06459.jpg

th_DSC06464.jpg


スキーをしている子供達も。ドイツではクロスカントリーは人気なんですって。

th_DSC06471.jpg

th_DSC06472.jpg


建物がカラフルで可愛らしい街並み。なんとなく以前行ったザルツブルグを思い出します。

th_DSC06487.jpg

th_DSC06481.jpg

th_DSC06482.jpg

th_DSC06485.jpg


帰りはまたまた空港まで送って頂いちゃったのですが、まさかの大渋滞!出発15分前に空港に到着し、お礼を言っていると「お礼なんかいいから、まだ間に合うかもしれないから走って」と言われ、ダッシュしたところ、運良く搭乗が遅れていて、無事に予定のフライトに乗る事が出来ました。ちなみにそのお陰で旦那さんは念願のルフトハンザモデルのリモワのスーツケースもゲットしていました(笑)。

最初から最後までシュミットさんにお世話になりまくってしまったミュニック滞在(前もそうですが・・)。今月、お仕事&プライベートで日本にいらっしゃるそうなので、今度は私達がちゃんと”おもてなし”しなくちゃ!
ラベル:ミュンヘン MUNICH
posted by EMINCO at 10:30| Comment(0) | 2014 France | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

Cobea (コベア) @Paris

パリでは、気になっていたミシュラン一つ星のレストラン”Cobea(コベア)”へも行きました。
(ボケボケですみません〜・苦笑)

th_DSC06393.jpg


店内は、白とグレーを基調としていて落ち着いた雰囲気。東京でも見掛けることが多くなった水でふくらむタイプのおしぼり。

th_DSC06341.jpg

th_DSC06342.jpg


この日のグラスのシャンパーニュは”ゴッセ”。

th_DSC06343.jpg

th_DSC06344.jpg


夜は、4品、6品、8品のムニュデギュスタシオンのコースがあります。内容が変わるわけではなく、単に品数が変わるだけ。実はこの日、あまり私の体調が良くなかったので、4品でも良いかなと思ったのですが、せっかくなので、真ん中の6品にすることに。

アミューズ・ブッシュからスタート。私がお肉NGなことは予約の際に伝えてあるので、旦那さんとは別のもの。

th_DSC06348.jpg

th_DSC06346.jpg


私のカメラを持つ陰がバッチリ写っていますが、これはワインリスト(笑)。

th_DSC06349.jpg


どのお皿も洗練されていて綺麗です。

th_DSC06352.jpg

th_DSC06353.jpg

th_DSC06355.jpg

th_DSC06357.jpg


お魚、お肉と2品のメイン。もちろん、私は2品ともお魚ですが(笑)。
今回の旅行でよく見掛けたのですが、こちらのレストランでも、お皿の端の方に盛り付け。トレンドなのかしら?

th_DSC06363.jpg

th_DSC06369.jpg

th_DSC06366.jpg

th_DSC06367.jpg

th_DSC06368.jpg


お手洗いに行こうとする私に「カメラ持って行ってみな」と旦那さん。「普通に綺麗だけど〜」と思っていたら、入った時は気付かなかったのですが、近くに地下のワインセラーが。

th_DSC06374.jpg


ワインはこの日は、ちょっと落ち着いた感じのものが飲みたかったので。2002年のポマールを。2000年代でももう12年も熟成しているのかと思うと、時の流れを感じちゃったりします。

th_DSC06378.jpg

th_DSC06370.jpg


そんなにボリュームがある感じではないのに、ゆっくり食べているせいもあって、かなりの満腹。フロマージュでいっぱいいっぱい。

th_DSC06377.jpg


が、ここでもデザートラッシュが・・。

th_DSC06380.jpg

th_DSC06382.jpg

th_DSC06383.jpg

th_DSC06385.jpg

th_DSC06387.jpg


「朝ご飯にどうぞ」とパン・ペルデュ(フレンチトースト)のお土産。次の日、ミュンヘンに向う飛行機の中で頂きました!

th_DSC06391.jpg


雰囲気も良く、そつないサーヴィスに、1品ずつ凝ったお料理。
全て美味しかったのですが、「これ!」と印象に残ったものがあまりなかったな〜。という訳で、今回の一つ星レストラン対決だと、我が家的には”イル・ヴィーノ”に軍配があがりました。
私の体調のせいもあったかもしれませんが・・。

posted by EMINCO at 09:53| Comment(0) | 2014 France | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする