2019年05月27日

ある企業様のワイン勉強会

先々週のことになりますが、ある企業様に定期的に行わせて頂いている「ワイン勉強会」を実施してきました。

「勉強会」なんていうと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、先方様のご要望は「ワインを楽しめながら、何か役立つ知識を知れたらうれしい」ということなので、基本的に難しい内容は入れません。
前回、クイズで、記述式の問題をいくつか入れたところ、「難しすぎる!」というお声を頂いたので、今回は全て4択の選択式に。

準備も万端、今回こそ、ちょっと写真も撮りながら・・なんて思っていたのですが、当日に、結構インパクト大のアクシデントが発生!
最終的には何とかなりましたが、ちょっと焦りました・・。

ワインの知識としては、ワインのボトルの形状から、どんなワインかがある程度分かるので、知っていると便利ですよーというお話と、ワインと料理のマリアージュをクイズ形式で。

ブラインドテイスティングでは、赤は品種当て、白はどちらが高級ワインかを考えて頂きました。
ボトルは撮り忘れてしまいましたが、正解はガメイで、そこから少しボジョレー・ヌーヴォーのお話なども。

B7974FDC-2BC7-4F81-A6C8-95FF16F2D855.jpeg


クイズをしながらも、貸し切りにさせて頂いたお店で、お食事を召し上がるので、その間はワインも飲み放題。

泡は3種類。
ポール・シャンブランのコスパ良しの口当たりの良い白とロゼ。
その後、ちょっとしっかり目の日本のキャンベルー・アーリーも。
この”楠わいなりー”のキャンベルの泡、人気ありました。

F1D35C98-8833-4FF9-8A5A-90FC8C7EBDE9.jpeg


白は5種類。
ボルドーのソーヴィニヨン・ブラン、ドイツのリースリング、スペインのアルバリーニョ、ブルゴーニュとチリのシャルドネ。
アルバリーニョは名前も初めて聞いたという方が多かったですね。

1BE6C82C-520B-4F42-BF2A-A2D289FE30AF.jpeg


赤も同じく5種類。
ブルゴーニュのピノ+ガメイのコトー・ブルギニヨン、ボルドーのカベルネ+メルロ、イタリアのバルバレスコ、チリのカベルネ、イタリアののモンテプルチアーノ・ダブルッツォ。

D2C36F44-BA79-49EE-B1E4-970B536B8FA1.jpeg


白ワインのブラインドテイスティングでは、シャサーニュ・モンラッシェがどちらかを考えて頂いたのですが、これはほとんどのみなさんがお分かりになりました。

ED8FFA84-B0CD-41B6-812B-603C80278544.jpeg


ボトルの形状の特徴などを簡単にまとめた資料をみなさんにお配りすると、すごい真剣に見てくださり、各テーブルで色々話してくださっていて、とても嬉しかったです。
改めて、ワインに興味を持ってくださって、楽しんで頂ける場に携われると嬉しいなーと思いました。

「この勉強会に参加するようになってから、家でもワインを飲むようになりました」
「毎回帰ると忘れないうちに奥さんに覚えたことを話してるんですよ」など、嬉しいご意見も頂きました。

「ワインは難しい」という声はよく聞きますが、決してそんなことはなく、楽しんで興味のあることを知るだけで十分なんですよーということをもっとお伝えしていけたら良いなーと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★ワイン教室のHPはこちら 
 http://www.savouronslevin.com/news/

★インスタグラムはこちら。こちらの方がタイムリーな最近のワイン、載せていますので、ご覧頂けると嬉しいです。
 いいね、フォロー、宜しくお願いします!
 https://www.instagram.com/savourons_le_vin/

posted by EMINCO at 11:43| Comment(0) | ワインイヴェント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

Savourons Le Vin 10周年パーティー そのA

すっかり間が空いてしまいましたが、10周年パーティーの続きです。

シャンパーニュ2種、白ワイン2種頂いたあとは、赤ワインに突入。
赤ワインは4種類。

★2009 Mongeard-Mugneret "Grands-Echezeaux"
 (モンジャール・ミュニュレ ”グラン・ゼシェゾー”)

1F241ECF-9960-4EB3-892D-25A9C22427AB.jpeg


★2009 Terre del Barolo "Barolo" (テッレ・デル・バローロ ”バローロ”)

713C019D-4155-441E-969E-1B8473841D66.jpeg


★2009 Chateau Giscours (シャトー・ジスクール)

7C92C9A0-47A9-4F31-9D64-8561D5D2DD33.jpeg


★2009 Poggio Antico "Brunello di Montalcino" 
 (ポッジョ・アンティコ ”ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ”)

1本目のグラン・ゼシェゾーは、いい感じに熟成してとてもエレガントでした。
2本目のバローロは、「2009年ってお店になくて焦りましたー(笑)」なんて言いながら、シェフの安部ちゃんが差し入れしてくれたもの。
3本目のジスクールは、まだガチガチでした。デキャンタージュしても、なかなか開かず、3時間位してなんとか・・って感じでした。
そして、4本目のポッジョ・アンティコのブルネッロはまさかの個別写真撮り忘れ。
実はこの日、このワインが一番人気だったのに・・。
今は、日本には正規の代理店がなくなってしまい、入手しずらいのですが、とっても好きなブルネッロの造り手なので、嬉しかったですね。
エチケットなど気になる方は、このあと、全部の写真を載せるのでそちらでご確認ください。

そして、お料理はここから温前菜へ。

・桜鱒の低温コンフィ 38℃の食感 水菜の花のサラダとヒヨコ豆のクレーマ

AB8AF75C-BCE2-4AA4-A45B-222EF874AD83.jpeg


桜鱒がめちゃしっとりしていて、とても美味しかったです。

・フランス産ホワイトアスパラのカルボナーラ仕立て 自家製パンチェッタ添え

9D2FAF74-B757-4AF3-B584-3FB0FE3C9B4F.jpeg


私の分はパンチェッタが添えてないので、かなり黄色い(笑)。 誰かの分の写真を撮らせてもらえば良かった。

そして、リゾット、パスタと続きます!

・墨イカの焼きリゾット alla giappone!!

9FD1ACBE-5D07-4450-944B-04C74BBC2A5C.jpeg


これもイカの風味が効いてて美味しかったなー。イカ好きな私のリクエストに応えて安部ちゃんが考えてくれた一品。

・ストラッキーノチーズを詰めたニョッキのフリット インブロード トリュフ風味

7319CCF4-4BA2-433F-A81D-1284DABC00A8.jpeg

C96EC975-370F-4EFF-AD4A-33EA4DCB839D.jpeg


みなさんと私はスープが違うのです。私はチーズ風味。

そして、最後のメイン。

・ュージーランド産仔羊のグリッシーニ焼き カーボロネロのカプネットと12年熟成のバルサミコ

29F4CFBB-887A-4818-9E92-79E4FBECB524.jpeg


これまた美味しくブルネッロとの相性も抜群だったとか・・。
マリアージュとしては、この仔羊×ブルネッロと、新玉ねぎのパンナコッタ×バタール・モンラッシェが甲乙つけがたいという話になりました。

私の分はおソースは一緒でメカジキで作ってくれました。

5A882590-D060-4569-AD35-2E7151E7EAE0.jpeg


そして、最後のドルチェはこんなメッセージ付きで!

24207647-A676-40D1-A3C0-6B1C2C92893A.jpeg


お越しいただいたみなさんからもお祝いの素敵なお花をいくつも頂いちゃいました。
しばらくの間、リビングが華やかでした。ありがとうございます!

F991A0F5-7717-41C8-8870-E5FCE6B7D921.jpeg


余談ですが、お花つながりで翌週、お友達が遊びに来てくれた際、引っ越し祝いでくれたこのニコライ・バーグマンのアレンジメントもめちゃ可愛かった。Merci!

ECE84112-50EA-4FFC-AEFC-9787353B397E.jpeg


最後にもういちど、頂いたお花と一緒にこの日のワインのお写真を。
(一番右がポッジョ・アンティコです)

06937FB9-7DD8-4F79-89AD-11C3B004ABAC.jpeg


忙しい中、わざわざ事前に東京まで出てきて色々な打ち合わせをしてくれて、こんな素敵なお料理をたくさん作ってくれた安部ちゃんには本当に感謝です!
安部ちゃん、本当にありがとうございました!
生徒さん達に大満足頂けたのも、このお料理があってこそ。
その安部ちゃんのお店はこちら↓。茨城というと遠く感じるかもしれませんが、品川から約1時間で行けちゃうので、ぜひ、足を運んでみてくださいね!

Osteria di Cuore (オステリア・ディ・クオーレ)
 https://di-cuore.jp/

ちなみに安部ちゃんもこの日の様子をインスタに挙げてくれてます。すごい、お料理キレイ!

https://www.instagram.com/p/BvqmU3Al1Qk/

この日は桜がちょうど満開で、お部屋のバルコニーから千鳥ヶ淵の桜を楽しむことが出来ました。
みなさんも、こんな場所でワインを一緒に楽しみませんか? 初心者の方、大歓迎です!

3D66CA5D-7855-4EF2-A300-0A323F55C24F.jpeg


ブログ、かなり滞っていたにも関わらず、ご訪問頂き、ありがとうございます!
心を入れ替えて、まめに更新していきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★ワイン教室のHPはこちら 
 http://www.savouronslevin.com/news/

★インスタグラムはこちら。こちらの方がタイムリーな最近のワイン、載せていますので、ご覧頂けると嬉しいです。
 いいね、フォロー、宜しくお願いします!
 https://www.instagram.com/savourons_le_vin/

posted by EMINCO at 10:40| Comment(0) | ワインイヴェント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

Savourons Le Vin 10周年パーティー その@

3月末のことになりますが、2009年から始めたワイン教室が10周年を迎え、新居もこの日に向けて必死で片付け、何とか人様をお呼び出来るようになったので、長年通ってくださっている生徒さん達をご招待して、小さな10周年パーティーを開かせて頂きました。

063BB851-8FA6-486C-8451-DA730D65BD64.jpeg


セッティングはこんな感じ。

49E499B1-BB14-4CD7-B8FA-3650682A0C47.jpeg


この日は、2008年に目黒のイタリアンで出会い、それからずーっと仲良くさせて頂いている、取手の”オステリア・ディ・クオーレ”のシェフ、安部ちゃんに出張シェフをお願いして、美味しく素敵なお料理を、ワインに合わせて作って頂きました。

CFB3970C-6875-45CD-8D0F-A3DF4B419B2C.jpeg


ワインはすべて、お教室を始めた2009年ヴィンテージで統一。
10年の熟成を経たワインを楽しんで頂きました。
ちなみに、バローロは安部ちゃんが差し入れしてくれました。Merci!

06937FB9-7DD8-4F79-89AD-11C3B004ABAC.jpeg


最初はもちろん、シャンパーニュで乾杯!
シャンパーニュは2種類をご用意。

★2009 Moet et Chandon "Grand Vintage" (モエ・エ・シャンドン "グラン・ヴィンテージ")

B50E2D9F-2669-47D7-8B1A-61593316C8CA.jpeg


★2009 Moet et Chandon "Grand Vintage Rose" (モエ・エ・シャンドン "グラン・ヴィンテージ・ロゼ")

9029E55C-AF90-4F14-B155-6C5FD7C70A72.jpeg


こちらに合わせたアミューズは以下の2種類。
自家製のリコッタチーズの美味しさにいきなりみなさんやられてました(笑)

・北イタリア小さな揚げパン ニョッコフリット
 茨城県産秀麗豚のプロシュートコットとパルミジャーノチーズ
・自家製リコッタチーズとフランス産キャビアバターのクロスティーニ

4CF69629-056C-45FC-9616-81320A205234.jpeg


シャンパーニュはコクのあるロゼがみなさん気に入られたご様子でした。
写真を見て頂くとお分かりの通り、色調もかなり濃いめ。飲みごたえのあるロゼでした。

続いては白を2種類。

★2009 Blain Gagnard "Batard-Montrachet" (ブラン・ガニャール ”バタール・モンラッシェ”)

D55E7BFC-81EE-4449-8FF1-44006391D6DB.jpeg


★2009 Nicolas Joly "Clos de la Coulee de Serrant" (ニコラ・ジョリー "クロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン")

BAA9D14A-266F-4ABE-9A2F-6506B6F16D4A.jpeg
 

こちらに合わせて、冷たい前菜を3種類。

C4FF0A33-FD57-4F60-8D29-617D4CD310B5.jpeg


・新玉ねぎのパンナコッタ 北海道産のウニ添え

E9EBAD6A-0DE2-4E04-BFED-95F99764C946.jpeg


・エビ香のりのタルタラ ボタンエビのタルタルとトマトの泡

A8A4B452-56D2-45DC-915E-0B56258DFEDE.jpeg

     
・水蛸と鮟鱇、ズワイガニのソップレッサータ

7C7F5D8A-17EE-4973-99CD-C77AF9F3679D.jpeg


バタール・モンラッシェと新玉ねぎのパンナコッタのマリアージュは最高でした。
「舌鼓を打つとはまさにこのこと!」という感じで、みなさん大喜びで私も嬉しくなっちゃいました。
もちろん、ニコラ・ジョリーも美味しく、やっぱりこの人のワインは熟成が必要だなーと改めて思ったり・・。
全然タイプの違う2種類の白に、どっちがお好きか聞くと「選べなーい!」とみなさん、口を揃えて仰ってました。

まだまだこれから温前菜へと続きますが、今日はこの辺で。
後半へ続きます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★ワイン教室のHPはこちら 
 http://www.savouronslevin.com/news/

★インスタグラムはこちら。こちらの方がタイムリーな最近のワイン、載せていますので、ご覧頂けると嬉しいです。
 いいね、フォロー、宜しくお願いします!
 https://www.instagram.com/savourons_le_vin/

posted by EMINCO at 10:36| Comment(0) | ワインイヴェント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする