2018年01月08日

AbysseでBirthday Dinner!

クリスマスもそうでしたが、誕生日も「今年大好きだったお店で!」ということで、外苑前のAbysse(アビス)へ。

ブログには書けていませんが、実は12月に入って2回目の訪問。
というのが、記念日に自宅にあるDRCを開けたかったので、10月に訪問した際に(11月はフランス旅行などもあり、行けずに残念!)持ち込みのご相談をさせて頂いたところ、快諾を頂き、以下のワインを持ち込ませて頂きました。

★2002 Domaine de la Romanee Conti "Vosne-Romanee 1er Cru Cuvee Duvault Blochet"
 (ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ "ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ キュヴェ デュヴォー・ブロシェ")

00D08076-CF05-4CE3-90F1-D09D7B2FF665.jpeg


「DRCでプルミエクリュ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、DRC所有のグランクリュの若木から収穫されたブドウをアッサンブラージュして造られています。
また、ブドウの出来が良かった年にしか造られないので、目にしたことがない方も多いと思います。

正直、言葉では上手く説明が出来ないので、「美味しいワインと美味しいお料理で幸せな時間を過ごせた」とだけ申し上げておきます(笑)。

その時に夫が「誕生日もアビスにしようか?」と言い出し、誕生日もアビスでのディナーが決定。
目黒シェフは「同じ月内だとお料理が変わらないのですが、良いですか?」と聞いて下さったのですが、二人して「全く問題ありません!」と即答。
でも、実際には少しずつ変えてくださいました。ありがとうございます!

ということで、前置きが長くなりましたが、まずはシャンパーニュ。
「ランスロ・ピエンヌ」の”ターブル・ロンド”。クラマン、シュイィ、アヴィズのグランクリュのシャルドネ100%をブレンド。
綺麗な果実味と、そしてミネラル、イキイキした酸が感じられるブラン・ド・ブランらしい1本。スターターにピッタリです。

E36A7E0C-13F9-463F-9F8C-02EE5CA20559.jpeg


お料理もスタートです!アミューズは百合根のピュレとイクラ。そしてウニのパンケーキ。
どちらもめちゃくちゃ美味しいです。

F3A652F6-6BFB-42EF-B0CE-43489E9D583C.jpeg

8FC81FC8-D52A-45DA-A06E-16F331B5C397.jpeg


ちなみに前回のピュレはこちら。ちょっと違いますね。2品目もパンケーキではなく違うものでした。

09EAB3B2-6616-484B-8AAD-3EB2CDC4A8B1.jpeg

FC3B8F16-39E5-4263-8E6D-122CDCA7C9B9.jpeg


続いてはジュラの「ヴァランタン・モレル」の”レ・ピエ・シュール・テール”。品種はナチュレ(サヴァニャン)。
ラディッシュの下に、セイコ蟹が隠れているのですが、ワインのミネラル感ととても良く合っていました。
ちなみに、前回来た際は、この下に隠れていたのは、ブリでした。私的には蟹Ver,がお気に入り。

1DFF2F72-6908-431C-850E-F673D1D296F5.jpeg

4D1BC485-CBEA-43D2-8B16-6DCEE30D7E12.jpeg


ブラインドで出されて分からなかったのは、日本の甲州と、スペインのアルバリーニョ。
谷口さんも「分からないですよねー」とニヤニヤしながら、半分ずつなどにして、色々出してくださいます。
こちらの2種類のワインにはタコを合わせて。このタコがビックリするほど柔らかいのです。

26DF2DE9-5BCF-4261-A3C2-50EEEE0AD780.jpeg

4A160B13-F4B6-4D89-821D-CCB252EC5B84.jpeg

9925FB12-13A7-4632-A839-77C77F7912CC.jpeg


続いては、栗っぽい良い香り(私は栗が大好物なのです)で、気に入ってしまったペサック・レオニャンの”シャトー・カルボニュー・ブラン”。
これは即答でしたが、この日はずーっとブラインドだったので、少々くたびれました(苦笑)。
また、「まろら」という少し甘めの日本酒も少し頂いて、どちらのマリアージュが好きか、尋ねられたのですが、白子単体だと日本酒、白子とマッシュルームを一緒に頂くと、ワインの方が良いと感じる、とお応えしました。

79134AC5-767A-4957-A78E-159C8BB03189.jpeg

289CF0BB-2894-41BC-A9D8-B5D1A082C9BC.jpeg

DB0745C8-E62F-440C-88AE-5C84C5486EFC.jpeg


普段はロゼを出しているとのことでしたが、赤ワインでも試してみて欲しいと次も2種類のワインを出してくださいました。
赤は、「マルキ・ダンジュルヴィル」の”ヴォルネ”。ロゼは、「シルヴァン・パタイユ」の”マルサネ・ロゼ”。
どちらも美味しいワインでしたが、シルヴァン・パタイユのロゼの出来が良すぎ(笑)。
夫は「このワイン欲しいなー」と何度も言うほど気に入っていた様子。

83E62105-89D2-42BD-94D5-5BBF173DA3AF.jpeg

32E35C9B-5CED-41A6-AEAD-303262A8455C.jpeg


メインのお魚は低温でじっくり蒸されているので、とってもしっとりしていて美味。

6F67C709-6078-458D-BDA0-D708112F0BAD.jpeg


ちなみに前回来た際は、「こんな風に作っているんですよ」と調理過程を見せて頂きました。
写真だと分かりずらいですね。盛り付けも少し変わっているかも。

4AA9B95D-7112-4ED1-99F0-B507C058F882.jpeg

A006F4F8-DF84-437E-ACFF-48C1FF0D8045.jpeg


そして、アビスのスペシャリテである”スープ・ド・ポワソン”。
スープ・ド・ポワソンも、「ここ何回か、(スープ・ド・ポワソン)メニューに入っていないねー」なんて話をしていた瞬間に出てきたので、ビックリ。もちろん、嬉しいサプライズ。
この時はロゼをお替りで頂いちゃいました。

259E73A8-72AD-46A6-BFE9-041C6C6FDBD3.jpeg


前回は、スープ・ド・ポワソンの代わりにタコと白子の間に、こんな一皿が。

FE7C70BD-5F04-4E23-AB5F-69945C2A1742.jpeg


デセールは2種類。一つはメッセージプレート。
なんと、パティシエールであるシェフの奥様が昼間いらっしゃった際に書いて下さったとのことで、「アビスでこれが見られるのは珍しいですよ」とのことでした。

4A51C3A1-83CC-404A-9DD0-E77A888159F4.jpeg

28B6233D-C54F-4EC1-A624-BA5C0D85B310.jpeg


最後はホワイトチョコレートとカフェを頂き、ディナーは終了。

D55EF0B9-34FD-4FB1-BEDE-580D74D8264D.jpeg

64FC037A-31DC-46D4-B9C4-C8E82EEF05FB.jpeg


そうそう、前回は、記念日ということで、こんなプレゼントまで頂いちゃいました。ありがとうございました!

CFA60A4F-F482-425D-BAFF-C37AA39FE653.jpeg


という感じで、この日も言うまでもなく、楽しく美味しい時間を過ごすことが出来ました。
目黒シェフのお料理が美味しいことはもちろんですが、ソムリエの谷口さんはじめ、スタッフの方々とお話するのもとても楽しいのです。
次回伺ったら、スタッフの皆さんで行うと言っていた「グランクリュの会」の話もお聞きしなくちゃ!
もう今から、次の訪問が楽しみです(^^)
posted by EMINCO at 10:24| Comment(0) | お外ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

Aroma fresca Pasta & Bio Wine

「今年のクリスマスは、今年一番気に入ったあのお店にしよう!」ということで、伺ったのは、今年、2017年の7月に広尾に帰ってきた”Aroma fresca Pasta & Bio Wine (アロマフレスカ パスタ&ビオワイン)”。

オープンして半年足らずですが、7-8回は伺ってしまったほど、大好きなお店(笑)。
ブログに書こう、と思いつつ、全然書けていませんでした。反省。

こちらのお店、お料理が美味しい、ワインのラインナップが魅力的なことはもちろんのこと、以前、二の橋のカーザ・ヴィニタリアにいらっしゃった田島さんがいらっしゃり、カウンター超しにお話するのもとても楽しい時間です。

この2枚の写真のみ、以前撮ったもの。お店の入り口と店内。9月だから、19時近くてもまだ明るいですね(笑)。

D73C7906-477F-40FF-988A-397AFDFBAC84.jpeg

CC3CB57F-C5B2-428C-A6C7-09179B5D7069.jpeg


ということで、クリスマスに戻り・・。
この日のアペリティフには、ミカンジュースをプロセッコで割ったカクテル。
この日はジュースでしたが、季節のフルーツを使ったものが多いです。
ちなみに日本酒を使ったカクテルもあります。まだ飲んだことはないけれど。

29B390D3-6C31-48E9-8AC7-1C517ECC4F6F.jpeg


お料理は、小皿料理とパスタがメイン。
小皿料理もお値段別に書かれていて、とても見やすい。そして美味しくて頼みすぎるのでご注意。
とはいえ、そんなに量はないので、ご安心ください(笑)。

この日は、「パルミジャーノとバルサミコ」、「柿とサラダ蕪もものすけのサラダ」、「ツブ貝とホワイトアスパラのグラタン仕立て」。
どれもとても美味しくワインが進みます。

F8801029-5F4F-49B2-B786-36A02BDACC48.jpeg

33FA9018-4B97-4E91-BE09-92FF6954E2F6.jpeg

39C63CA3-CDCA-4EF7-9EF1-7331CFDCCB98.jpeg


夫だけ、お肉モノを追加。

BAE56694-5EBD-4F36-B9D3-7C119A14E695.jpeg


ワインをオーダーすると「ごめんなさい。なかったです!」ということだったので、違うワインをオーダーすると、お詫びにということで白ワインをサーヴィスしてくれました。

ボルゲリの白ワイン。ソーヴィニヨンにヴェルメンティーノが少しブレンドされているとのこと。
スッキリ、フルーティで香りも良く美味しかったです。

D8FFD1A0-7DD1-42F5-8137-92EBE6E1AAAF.jpeg


ということで、オーダーしたワインはこちら。

2013 Produttori del Barbaresco "Barbaresco"
(プロデュットーリ デル バルバレスコ ”バルバレスコ”)

13740291-27BF-4CD6-B08B-3A1FC350000C.jpeg


”バルバレスコ”というと高価なイメージがあるかもしれませんが、こちらのワインは、協同組合が造っているワインなので、とてもリーズナブル。それでいて高品質なので、安心して頼める1本です。
クラシックな造りで、ネッビオーロの良さが感じられます。

パスタは毎回、何にするかとても悩みます。
定番のもの、季節ごとに登場するもの、だいたいこの2種をオーダーすることがほとんど。

ということで、季節ものからは「牡蠣とツブ貝とブロッコリ トロフィエとの一体感」を。

A0C06E7D-F537-4B09-8042-1C635E9F89AE.jpeg


そして、もう1品は、大好きな「茸づくしのリングイネ リコッタチーズ添え」を。

7129FE9D-7607-40A4-990F-98A42232C3DF.jpeg


この日も全て美味しく頂きました!
最後には、ディジェスティフをご馳走になってしまいました。ありがとうございます!

D4DDB9A6-55D6-4832-B33A-A3CCC0646203.jpeg


夏から通い始め、いっぱい写真もあるので、機会を見て、色んな美味しかったお料理、ワインも紹介したいと思います。





posted by EMINCO at 10:04| Comment(0) | お外ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

2017 ホイリゲ解禁!

毎年11月11日(聖マルティンの日)は、オーストリアワインの新酒、”ホイリゲ”の解禁日です。
(ホイリゲの詳細は、以前ご紹介しているこちらをご覧ください。)

そのホイリゲの解禁に合わせたホイリゲワインパーティーに、お友達、生徒さんと共に参加してきました!

場所は、南青山のマンションにある素敵なパーティールーム。テラスからの見晴らしも良かったです。
ウエルカムのスパークリングは、マグナムで。

CAA63873-53BD-442D-913D-961102F3EDAE.jpeg


スパークリングのあとは、もちろん、ホイリゲ!

6AE005D9-8775-4874-8E34-65DC8822BAD1.jpeg


ホイリゲを含め、白赤3種類ずつ、オーストリアワインがあったのですが、お喋りばかりしていて、全然写真がありません(苦笑)。

昨年のレッスンで同じ造り手、ツァーヘルのホイリゲを出していたので、生徒さんに覚えているか聞いたところ、あまり覚えていなくて、仕方ないけれど、ちょっとだけガッカリ・・(涙)。
その時のレッスンはこちら ⇒ http://eminco.seesaa.net/article/444702575.html?1510535035

お料理は、能登輪島から取り寄せた食材を使ったもので、輪島塗の食器によそったもの。
ラインナップはこちら。でも、ワイン同様、写真が全然ありません。
撮ろうと思っても、すごい勢いでみんなのお箸が伸びてきて、あっという間に無くなるので、撮れなかったのです(笑)。

・輪島鮮魚のカルパッチョ
・野菜スティック 味噌ディップ
・鶏肉の酒麹漬け焼き
・塩鯖パスタ
・クリームチーズの味噌漬け
・旬野菜ピクルス 等々

890CABC7-54C6-49AC-98C0-A6FC891AA9F9.jpeg


久し振りに会えた友人もいたし、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

そして、今週の木曜日は、フランスの新酒、ボジョレー・ヌーヴォーも解禁ですね。
2年前、ボルドーで迎えたヌーヴォー解禁日はひっそりとしていましたが、今年はブルゴーニュで解禁日を迎えます。
うーん、めちゃくちゃ楽しみだ!
posted by EMINCO at 10:22| Comment(0) | お外ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。