2018年12月14日

パリからマラガへ

ディジョンでの2週間の学生生活を終え、いざ、スペインに向けて出発。

TGVでディジョンからパリ・リヨン駅まで行き、そこからはエールフランス・バスでシャルル・ド・ゴールまで。
シャルル・ド・ゴールから、スペインのマラガに向かいます。

朝ご飯は食べる時間がなかったので、TGVのカフェでクロワッサンとカプチーノを。
当たり前ですが、かなりの割高(笑)。

9D1EBEFD-BF38-4281-8E23-97AA48581FCE.jpeg


今回、なぜマラガに行くことになったかと言えば、マラガで行われる「ワールドマスターズ陸上競技」に出場する夫を応援するため!
大会自体は9月4日から始まっていましたが、最初はどの競技も予選なので、準決勝に間に合うように来てくれれば良いということだったので、学校が終わった週末移動がちょうど良いタイミングだったのです。

これは全然関係ありませんが、シャルル・ド・ゴール内にあった回転寿司。
すごい派手!結構人、入ってました。

74B5411E-F8BD-414E-9BDF-5C856C3EBB59.jpeg


マラガ行の飛行機を待っていると、聞こえてくるのはスペイン語ばかり・・。
日本人はおろか、東洋人らしき人も見当たらず、心持ち不安になって乗り込んだ機内ですごい偶然が起こったのです!

D9CAA633-5D75-4829-8AB8-0879EB29AAC8.jpeg

88618981-7674-411D-8D31-49AB946E8150.jpeg


3人掛けの席で私は窓側の席だったのですが、真ん中を空けて、通路側に座った男性がどうも日本人っぽい雰囲気・・。
すると、飛行機が飛んでしばらくすると「失礼ですが、日本人の方ですよね?」とその男性に話しかけられ、会話がスタート。

「パリに住まわれてるんですか?」
「いえ、私は東京です」
「僕はパリなんです。では、ご旅行ですか?」
「はい。旅行といえば旅行なんですが、マラガで陸上競技の大会があって、それに夫が出場するのでこれから応援に行くんです」
「えー?僕も出るんですよー!」

もう、これだけでもビックリだったのに、更に驚くことに・・。

「あ、お名前お聞きしてもいいですか?」
「はい、〇〇(私の苗字)と申します」
「えー!〇〇さんの奥さんなんですか??今日の夜、一緒にご飯食べようってことになってますよ!」
「なんですとー??(聞いてないよー)」
「あ、写メ一緒に撮ってもいいですか?着いたらすぐに送って驚かせましょう(笑)!」

そんな会話を交わしながら、2時間位でマラガに到着。
雨が降っていたので、残念ながら、ちょっと暗い感じです。

641D272C-82E3-40C7-9872-500225D16462.jpeg


その方は現在はお仕事の関係で半年前からパリ在住とのことでしたが、それまでは東京にいて、時々、マスターズの大会や、代々木の織田フィールドなどで夫と会ったことがあり、今回もお互いに出場することを連絡しあっていたとのこと。

私たちが一緒に出ていくと、空港まで迎えに来てくれた夫が驚いていたのは、言うまでもありません!
そして頼もしいことに、この方、中南米に5年近く駐在されていたとのことで、スペイン語がペラペーラ!
この後、他の出場者の方と合わせて7名でディナーに行ったのですが、オーダーは全てお任せ出来てしまい、超楽々でございました。

そんな嬉しい偶然から、スペイン・マラガは始まりました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★ワイン教室のHPはこちら
 http://www.savouronslevin.com/news/

★インスタグラムはこちら。いいね、フォロー、宜しくお願いします。
 https://www.instagram.com/savourons_le_vin/




posted by EMINCO at 09:21| Comment(0) | 2018 France & Espagne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする